カラーは全体的に染める以外にも選択肢は沢山あります!

チラホラと吉村も白髪が生えてきてるのでどうしようか検討中です。

白髪の生え方は人それぞれで主にこめかみやもみあげ頭頂部に発生しやすい傾向があります。
そう。自分からすごく見えるとろに!!!
気になるんですよね、キラッと光る数本の白髪。

今回考えたいのはその白髪をカバーするカラーについてです。

白髪染めとカラーの違いは?

白髪を染める白髪用のカラーは明るく染めるカラーよりも染料が濃い物になります。
この濃いの部分。ジアミンという成分が入っているのですがこれが『かぶれ』アレルギーの原因になる場合があるので染める前はお肌の弱い方はパッチテストをオススメします。

カラー=全体染めではない

どうしてもイメージとしてカラーをするときには髪全体を染めると思いがちです。
気になる部分だけピンポイントでカラーする方法もあります。
ハイライトなどもポイントでカラーするという意味では一緒です。
わざわざ全体的にカラーしてしまうよりも顔まわりだけに白髪が生えてきて気になる人はまずはその部分だけポイントでカラーするのをオススメします。

カラー剤の仕組みとして一度脱色する力が働いてから色が染まるという工程で染まっていきます。
色が暗くなるから傷まないんじゃないかと思いがちですが白髪染めでも脱色→染毛の工程は同じで、寧ろ染料が強い分白髪染めの方が髪にはダメージがでます。
これ意外と知らずにドラッグストアで買えるホームカラー染めてる人が多い。
しかも毎回薬余るのもったいないから毛先まで。
どんどん髪傷むんですそれ。
気をつけて下さいね!!

傷ませずに白髪を染める方法はないの?

一度脱色する力の働くカラーはどうしても髪をいためてしまいます。
他の白髪を染める薬剤としては
香草カラー
ヘナ
ヘアマニュキュア
などがあります。

香草カラーは過酸化水素を2剤として使わないので低刺激ではありますが、成分にジアミンが含有しているものなのでかぶれる人には向きません。
ヘナはナチュラルヘナであれば植物の粉末なので薬剤かぶれは起こりませんが染まる色がオレンジに限定されるため好き嫌いが分かれるのと他の色にしたい場合のカラーチェンジが難しいです。
ヘアマニュキュアは髪の表面に色の皮膜を張るような直接染料のため髪内部を傷めることなく染めることができます。地肌ギリギリからの塗りになるので伸びて来た時に根元が気になるのが早いのが難点ですが、ポイントで白髪をカバーしたい場合はマニキュアがベストな選択だと思います。
かたまって白髪の多い箇所がある場合はポイントカラーでヘアマニキュア
チラホラ点在して白髪が気になるようならカラーで頭頂部の髪だけ染める
白髪気になる部分は白髪染め他全体的に明るいファッションカラーで
なんて染め方も可能です。
色々なアプローチでカラーは可能なので
お悩みに合わせたカラーをご提案させていただきますので是非ご相談下さい!